MENU

デリケートゾーンのひどい黒ずみを治す市販クリームおすすめランキング47選【原因と治し方を紹介】

デリケートゾーンの黒ずみの原因や治す方法、予防法だけではなく、デリケートゾーンの黒ずみをケアするための効果が高くて安い市販クリームをランキング形式で紹介していきます。

口コミ・人気の市販クリームランキングや、薬局やドラッグストア、ドンキ、ロフトの市販クリームランキングも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

目次

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

ひどいデリケートゾーンの黒ずみをケアするおすすめクリームをチェックする前に、まずはなぜ黒ずみが発生するのか、デリケートゾーンの黒ずみの原因について知っておきましょう。デリケートゾーンの黒ずみができてしまう原因を知っておくと、ケアも行いやすくなります。

原因1:下着や衣服による摩擦

黒ずみの原因1:下着や衣服による摩擦

デリケートゾーンが黒ずみやすい原因としてあげられるのが、下着や衣服による摩擦です。デリケートゾーンは常に下着に触れている部位で、動くたびに摩擦が起きてしまいます。

摩擦や圧迫など物理的な刺激を受けた部分の肌はメラニンが作られやすく、色素沈着が生じやすくなると報告されています。

特にタイトな下着やスキニージーンズを好んで着用したり、トイレットペーパーで強く拭いたりすると摩擦によりメラニンが生成されて、黒ずみが起こりやすくなるため注意が必要です。

摩擦による黒ずみにおすすめのケア

摩擦によるデリケートゾーンの黒ずみにおすすめのケアは、以下のとおりです。

デリケートゾーンの黒ずみがひどい状態になる前に、メラニンの生成抑制・ターンオーバーの促進がのぞめるケアをするのがおすすめです。

またIラインやひだが肥大し摩擦で黒ずんでいる場合や、何をやっても治らない場合は病院・美容外科での手術がおすすめです。

原因2:ゴシゴシとこするような過剰な洗浄

毎日の洗浄でゴシゴシとこするように、過剰な洗浄を行っている場合もデリケートゾーンの黒ずみが現れやすくなります。

たとえば刺激の強い成分が配合された石けんを使っていたり、強くこすったりすることは肌への負担を増やす原因に。膣周辺にいる健康にとって重要な役割を果たす常在菌も洗い流してしまうことがあり、黒ずみに加えて臭いや乾燥などを引き起こすこともあります。

過剰な洗浄による黒ずみにおすすめのケア

過剰な洗浄によるデリケートゾーンの黒ずみには、とくに以下のケアをおすすめします。

過剰な洗浄で黒ずんでいる人は、ボディソープではなくデリケートゾーン用の石鹸にかえ、洗浄時の負担を減らすことが大切です。

また過剰な洗浄でデリケートゾーンの乾燥がひどい場合は、保湿効果がのぞめる市販の黒ずみケアクリームやヒルドイドを塗るとよいです。洗いすぎでかゆみがひどい場合は、ドラッグストアなどで市販されている陰部専用のかゆみ止めを塗るか、医師に相談することをおすすめします。

原因3:ムダ毛の自己処理

デリケートゾーンのムダ毛を自己処理しているという場合、自己処理が黒ずみを作り出しているのかもしれません。

黒ずみは摩擦や圧迫など、肌への物理的な刺激が加わったときに起こりやすくなりますが、ムダ毛の自己処理は肌に大きな負担をかける行為です。

カミソリなどを使用して自己処理を行っている場合、肌に過剰な負担がかかっていることが考えられます。デリケートゾーンの皮膚は薄く敏感なので、他の部位と同じ処理法では傷ついてしまう可能性があります。

自己処理による黒ずみにおすすめのケア

自己処理によるデリケートゾーンの黒ずみにおすすめのケアを、以下にまとめます。

自己処理後はデリケートゾーンが乾燥しやすくなっているため、市販の黒ずみケアクリームやヒルドイドで保湿するのがおすすめです。

ただ自己処理によって赤みやかぶれがひどい場合は、陰部専用の医薬品を塗るか医師に相談してください。皮膚科の医療脱毛レーザーを受け、自己処理の回数を減らすのも一つのケア方法です。

原因4:ホルモンバランスの影響

締め付けの強い衣服も着ていないし、過剰な洗浄や自己処理にも気をつけている…という場合でも、デリケートゾーンの黒ずみが発生することがあります。なぜならホルモンバランスの影響で、自然に肌が黒ずむこともあるためです。

女性の体内にあるメラニン色素は、ホルモンバランスにより増減します。そのため女性は一般的に、思春期以降にデリケートゾーンが黒ずみがちになる傾向があると言われているのです。

ホルモンバランスの影響による黒ずみにおすすめのケア

デリケートゾーンの黒ずみの原因となる女性ホルモンは、とくに妊娠中に乱れやすくなります妊娠中にできたデリケートゾーンの黒ずみは、産後徐々に治ることが多いため、そこまで気にする必要はありません。

しかし産後デリケートゾーンの黒ずみが治らない人もいるため、長引かせたくない場合は以下のケアを検討してみてください。

妊娠中は胎児や母体への影響を考え、かかりつけ医に相談のうえデリケートゾーンの黒ずみケアを実践してください。産後はなかなか自分の時間をとれない人も多いため、余裕ができてからデリケートゾーンの黒ずみケアを始めてもよいです。

原因5:ターンオーバーの乱れ

デリケートゾーンの黒ずみはターンオーバーの乱れにより引き起こされることもあります。デリケートゾーンは顔の肌よりも下着や衣服による圧迫を受けやすいため、ターンオーバーが乱れやすい場所です。

黒ずみの原因となるメラニン色素は、デリケートゾーンの肌の奥に潜んでいます。通常であればメラニン色素は肌の細胞が表面へと押し出され、ターンオーバーにより垢として剥がれ落ちるときに一緒に排出されるものです。

しかしターンオーバーの周期が遅れると、なかなかメラニン色素が排出されず、黒ずみとしてデリケートゾーンに残ってしまいます。また反対にターンオーバーが早すぎると、肌の水分保持能力が低下して肌荒れが起こりやすくなるので、正常なターンオーバーの周期を保つことが大切です。

ターンオーバーの乱れは加齢や生活習慣の乱れで起こりやすくなります。

ターンオーバーの乱れによる黒ずみにおすすめのケア

ターンオーバーの乱れによるデリケートゾーンの黒ずみには、以下のケアをおすすめします。

レチノール配合の化粧品は、デリケートゾーン専用と書かれていないため、メーカーや医師に確認のうえデリケートゾーンの黒ずみケアに使ってください

またデリケートゾーンの乾燥は、ターンオーバーを乱す原因となります。ターンオーバーが乱れているときには、保湿・乾燥改善がのぞめるデリケートゾーンの黒ずみケアがおすすめです。

原因6:生理ナプキンなどによるかぶれ

デリケートゾーンの黒ずみが起こる原因として最後に紹介するのは、生理ナプキンなどによるかぶれです。

生理中にはデリケートゾーンが蒸れる、かゆくなる、痛くなる…などの問題が起きることがあります。かゆみなどを感じるということは、デリケートゾーンの肌が刺激を受けている証拠です。

ひとつめの原因で解説したように、刺激を受けた肌ではメラニン色素がつくられやすくなります。生理ナプキンによるかぶれが、知らず知らずのうちにデリケートゾーンの黒ずみをつくる原因となっているとも考えられるのです。

かぶれによる黒ずみにおすすめのケア

かぶれによるデリケートゾーンの黒ずみケアでは、以下の方法をおすすめします。

薬局やドラッグストアで市販されている、陰部専用のかぶれケアの医薬を塗るとよいです。薬局やドラッグストアの医薬品を塗っても陰部のかぶれが改善されないときは、医師に相談してください。

また、かぶれているときはデリケートゾーンが刺激に弱くなっているため、肌に負担をかけないケアがおすすめです。そのため洗浄力がマイルドなデリケートゾーン用の石鹸や、肌に直接塗らなくてよい飲み薬だと気がねなく試せます。

デリケートゾーンの黒ずみの11個の治し方|効果・副作用・費用を紹介

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すクリームは、市販品も含めて50種類以上販売されています。しかしできれば「効率的に・最短でケアしたい」と思われるのではないでしょうか?

11個のデリケートゾーンの黒ずみの治し方を「効果」、「治るまでにかかる期間」、「副作用の有無」、「費用」について比較しました。どうやってあそこの黒ずみを治したらいいのかな…と悩んでいる方は、自分自身にあった方法を見つけてください。

スクロールできます
 治し方効果治るまでにかかる期間※副作用費用
治し方1.
市販の黒ずみ
ケアクリーム
改善が期待できる3.9ヶ月無い2,980~8,000円/月
治し方2.
デリケートゾーン
用の石鹸
改善はきびしい11.3ヶ月無い2,000~6,000円/月
治し方3.
ニベア
改善はきびしい19.2ヶ月無い250~302円/月
治し方4.
重曹
改善はきびしい黒ずみは治らなかった無い20円/月
治し方5.
専用の医薬品
改善はきびしい黒ずみは治らなかった発疹、赤み、
かゆみ、腫れなど
650~800円/個
治し方6.
ハイドロキノン
改善が期待できる3.7ヶ月一時刺激、接触皮膚炎、
白斑、白皮症、
色素沈着など
6,000円~10,000円/月
治し方7.
レチノール
やや改善はきびしい7.1ヶ月乾燥、赤み、皮むけ、
ひりつき、にきびなど
1,300~12,000円/月
治し方8.
ヒルドイド
改善はきびしい13.5ヶ月刺激感、皮膚炎、
かゆみ、赤み、
発疹など
400~750円/月
治し方9.
皮膚科の
レーザー治療
改善が期待できる2.7ヶ月 赤み、かゆみ、
ひりつき、乾燥など
30,000~90,000円/回
治し方10.
飲み薬
やや改善はきびしい8.1ヶ月発疹、悪心、吐き気、
胸やけ、下痢
1,700~3,300円/月
治し方11.
病院・美容外科
での手術
改善が期待できる1.2ヶ月痛み、腫れ、赤み、
出血、かゆみ、
むくみ、熱感、
だるさ、頭痛など
150,000~300,000円/回

※参考:18歳以上 55歳以下のデリケートゾーンの黒ずみケアの経験がある女性903人を対象とした「デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るかアンケート調査」より(調査期間:2023年3月18日~2023年3月21日)

自分に合ったデリケートゾーンの黒ずみを治す方法はどれ?

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法は種類が多いため、何のケアがいいか悩む人もいると思います。タイプ別おすすめのデリケートゾーンの黒ずみを治す方法を、以下にまとめますので気になる方法があればぜひ確認してみてください。

「自宅でこっそりと」デリケートゾーンの黒ずみケアしたい人市販のデリケートゾーン黒ずみケアクリーム
デリケートゾーンの黒ずみ・臭いケアをまとめてしたい人デリケートゾーン用の石鹸
医師の指導を受けたい人
コツコツと黒ずみケアができる人
ハイドロキノン
確実にデリケートゾーンの黒ずみを破壊・除去したい人皮膚科のレーザー治療
ひだやIラインの黒ずみを少ない治療回数で治したい人病院・美容外科での手術

それでは、デリケートゾーンの黒ずみを治す11個の方法を一つずつ解説していきます。

治す方法1:市販の黒ずみケアクリーム

市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリームは、あそこの黒ずみケア用に開発されたクリームです。

デリケートゾーンの黒ずみ改善がのぞめ、副作用もほとんどありません。費用はかかりますが美容皮膚科で外用薬を処方してもらったり、レーザーを受けたりするよりは格段に安くなることもメリットです。

そのため市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリームは、コスパに優れた方法です。

黒ずみケアクリームの良い点

  • デリケートゾーンの黒ずみ改善がのぞめる
  • ネット通販で購入できるのでいつでも気軽に購入できる
  • デリケートゾーンを見られることがなく、誰にも知られずにケアできる

黒ずみケアクリームの悪い点

  • 1個4,000円~5,000円する商品も多く費用がかかる
  • ニオイケア成分が入っていない商品が多い

治す方法2:デリケートゾーン石鹸

デリケートゾーンの黒ずみをケアするには、デリケートゾーン石鹸を使う方法もあります。デリケートゾーンの黒ずみがひどい場合、市販の黒ずみケアクリームとデリケートゾーン石鹸を併用するのもおすすめです。

クリームよりも値段は安い傾向ですが、効果の評価はクリームに劣りますただ、ひだ部分の黒ずみにも使えて、ニオイケアもできる商品が多いことがデリケートゾーン石鹸の大きなメリットです。

デリケートゾーンソープの良い点

  • 粘膜部分やひだが黒ずんでいる場合にも使える
  • 黒ずみ+ニオイケアが両方できる商品が多い
  • 他の黒ずみケア方法よりも値段が安い

デリケートゾーンソープの悪い点

  • 洗い流すためケア成分を長く肌にのせられない

治す方法3:ニベア

知恵袋などでデリケートゾーンの黒ずみケアに使えるのかと話題になっているのが、ニベアです。

Vラインが黒いのですが何をすればマシになりますか?ニベアで薄くなりますか?

引用元:ヤフー知恵袋

ニベアは多くのデリケートゾーン黒ずみケアアイテムと違い、薬局やドラッグストアで気軽に購入できる市販品で、価格が安いのが最大のメリットです。

ただし他のデリケートゾーンの黒ずみケア方法とは違い、ニベアには美白※有効成分が配合されていません。販売元の花王に電話確認したところ、保湿ケア効果はのぞめても、デリケートゾーンの黒ずみには効果がないとのことです。

そのためニベアだけでデリケートゾーンの黒ずみケアをすると、かなりの期間が必要となります。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

ニベアの良い点

  • ドラッグストアや薬局でいつでもどこでも購入できる
  • 価格が安い

ニベアの悪い点

  • 美白※1有効成分が含まれていない
  • あくまで保湿ケア商品であり黒ずみには効果なし※2

※1.メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ
※2.ニベアの販売元である花王へ電話確認済み

治す方法4:重曹

重曹による黒ずみを治す方法の効果や使用法について、知恵袋で質問している人がいました。

重曹が黒ずみケアにいいと聞きました。少量の水で溶かした重曹を肌に塗るとのことです。
お風呂あがりにケアするのでしょうか?浴室で塗って洗い流すのでしょうか?

引用元:ヤフー知恵袋

重曹で黒ずみを治すやり方は、ネットで検索すれば見つかり、ブログやSNSでも紹介されています。ただ重曹は毛穴汚れの洗浄はのぞめても、色素沈着には効果がない※ため、デリケートゾーンの黒ずみケアにはおすすめできません

また重曹は掃除用や医療用、食用と、肌に塗ることを目的につくられていない製品も多いです。重曹をデリケートゾーンに塗る場合、各製品のメーカーに確認のうえ使うことをおすすめします。

重曹の良い点

  • 重曹の研磨作用による毛穴洗浄がのぞめる
  • 1回あたり5円と値段が安い

重曹の悪い点

  • 色素沈着による黒ずみに効果がない※
  • VIOに塗れるかメーカーに確認しないといけない

※パックス重曹Fのメーカーの太陽油脂株式会社に電話確認しました。

治す方法5:ドラッグストアや薬局の陰部専用の医薬品

ドラッグストアや薬局の陰部専用の医薬品とは、おもにデリケートゾーンのかゆみ・かぶれを治す市販薬のことです。ツルハやスギ薬局、マツキヨ、ウエルシアなどのドラックストアなどでも市販されています。

かきむしり行為の摩擦で陰部が黒ずんだ人は、かゆみ・かぶれのケアにより徐々に黒ずみが治る可能性もあります。副作用リスク使用上の注意もあるため、説明書をよくよみ正しく使うことが大切です。

ドラッグストアや薬局の陰部専用の医薬品の良い点

  • 陰部のかゆみ・かぶれケアがのぞめる
  • かくときの刺激が減れば黒ずみ予防となる
  • 1個650~800円と値段が安い

ドラッグストアや薬局の陰部専用の医薬品の悪い点

  • 美白※有効成分が入っていない
  • 医薬品のため副作用リスクをともなう
  • 薬局の店員さんに買っているところを見られる

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

治す方法6:ハイドロキノン

美容皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみを治すため受診をすると、外用薬として処方されるのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンは高い美白※効果が期待できるものの、副作用が感じられることもあります。また医師や看護師にデリケートゾーンを見られ、恥ずかしい思いをすることもデメリットです。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

ハイドロキノンの良い点

  • 肌の漂白剤と呼ばれており新しいメラニンの生成抑制がのぞめる※
  • 同じく美容皮膚科で提案される可能性のあるレーザーに比べるとコストが低い

ハイドロキノンの悪い点

  • 一時刺激、接触皮膚炎、白斑などの副作用リスクあり※
  • 1~2週間のダウンタイムがある
  • クリニックでデリケートゾーンを診察され、見られる
  • ひだ部分には使用不可とされる

治す方法7:レチノール

レチノールとはビタミンAの一種で、抗シワ・ターンオーバー促進作用がのぞめる成分です。ターンオーバーによってメラニンが排泄されると、デリケートゾーンの黒ずみ改善につながります。

レチノール配合の化粧品には、以下の2種類あります。

  • 薬局やドラッグストアの市販品
  • 皮膚科のドクターズコスメ

レチノールにはレチノイド反応という副作用リスクがあり、乾燥、赤み、皮むけなどをおこす場合があります。

またレチノールの刺激性やアレルギー性は製品の成分内容によって異なるため、製品ごとに肌との相性を確かめることが大切です。

レチノールの良い点

  • ターンオーバーの促進がのぞめる
  • 薬局やドラッグストアでも市販されている

レチノールの悪い点

  • 乾燥、赤み、皮むけなどの副作用リスクあり
  • 製品ごとで刺激性やアレルギー性が異なる

治す方法8:ヒルドイド

ヒルドイドは、保湿・抗炎症・血行促進がのぞめるヘパリン類似物質を主成分とする医薬品です。保湿ケアによりバリア機能やターンオーバーが整えば、デリケートゾーンの黒ずみ予防につながります。

ヒルドイドは粘膜部への制限がとくになく皮膚科でデリケートゾーンのかゆみ治療に使われています。しかしヒルドイドは医薬品のため、刺激感や皮膚炎、かゆみなどの副作用リスクがあるため、医師の指示や説明書を守り安全に使うことが大切です。

ヒルドイドの良い点

  • 皮膚科でデリケートゾーンに処方されている
  • 保湿ケアによるデリケートゾーンの黒ずみ予防がのぞめる

ヒルドイドの悪い点

  • 刺激感・皮膚炎・かゆみなどの副作用リスクあり
  • 治るまでにかかる期間が13.5ヶ月※と長い

※参考:18歳以上 55歳以下のデリケートゾーンの黒ずみケアの経験がある女性903人を対象とした「デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るかアンケート調査」より(調査期間:2023年3月18日~2023年3月21日)

治す方法9:皮膚科のレーザー治療

美容皮膚科で受けられるデリケートゾーン黒ずみ治療用のレーザーです。

レーザーのメリットは確実にデリケートゾーンを改善する治療※1であることと、医師による診察であるため安心感があること。安全かつ迅速にデリケートゾーンのひどい黒ずみを改善したいという方には適した方法と言えます。

ただしデリケートゾーンの黒ずみケア方法の中で、最もコストがかかるのもレーザーです。費用をかけてでもすぐに黒ずみをなくしたいという方におすすめします。

皮膚科のレーザー治療の良い点

  • 確実性の高いデリケートゾーンの黒ずみ改善がのぞめる※1
  • 医療行為なので安心感がある

皮膚科のレーザー治療の悪い点

  • 赤み、かゆみ、乾燥などの副作用が現れる可能性が高い※2
  • 1~2週間のダウンタイムにより生活に支障がでる可能性がある
  • クリニックでデリケートゾーンを診察される
  • 他の黒ずみケア方法に比べてコストがかかる(1回30,000円から90,000円が目安)

治す方法10:飲み薬

トラネキサム酸シナールなどの飲み薬は、メラニンの生成抑制がのぞめるためVIOの黒ずみ改善がのぞめます。トラネキサム酸やシナールの入手場所は、以下のとおりです

  • 病院
  • 薬局やドラッグストア
  • ネット通販

他のVIOの黒ずみを治す方法の補助として、飲み薬を併用する皮膚科もあります。VIOの黒ずみを治す飲み薬は、ダウンタイムや痛みはありませんが、内臓への副作用リスクがある点は注意してください。

飲み薬の良い点

  • メラニン生成の抑制がのぞめる
  • 痛みやダウンタイムがない
  • 1ヶ月1,700円~3,300円と値段が安い

飲み薬の悪い点

  • 発疹・悪心・吐き気などの副作用リスクあり
  • レーザーやハイドロキノンのサポートとして使われる

治す方法11:病院・美容外科での手術

病院・美容外科での手術は、Iラインやひだの黒ずみを切除する方法です。物理的にデリケートゾーンの黒ずみを切り取るため、少ない回数で変化を感じることができます。

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法で、もっともダウンタイムがかかり、もっとも痛み・副作用リスクが生じやすいです。1回150,000円~300,000円と値段も高いため、最終手段にとっておくことをおすすめします。

病院・美容外科での手術の良い点

  • 少ない回数で変化を実感できる
  • Iラインやひだの形も整えられる

病院・美容外科での手術の悪い点

  • VラインやOラインの黒ずみは対象外
  • 1回150,000円~300,000円と値段が高い
  • 術後に痛み・腫れ・赤み・出血などが生じることあり
  • 医師や看護師にデリケートゾーンを見られる

デリケートゾーンや鼠蹊部の黒ずみを治す方法の選び方

自分に最適な「デリケートゾーンや鼠蹊部の黒ずみを治す方法」がわかる、以下のチャートをつくりました。

チャートの「【START】」から該当する方にすすむと、最適なデリケートゾーンや鼠蹊部(そけいぶ)の黒ずみを治す方法にたどり着きます。

A~Eのデリケートゾーンや鼠蹊部の黒ずみを治す方法をまとめると、以下のとおりです。

あなたに合ったおすすめの方法を見つけて、ストレスなく効率的にデリケートゾーンや鼠蹊部の黒ずみの改善を目指してください。

デリケートゾーンの黒ずみを治す市販クリームおすすめランキング11選

デリケートゾーン黒ずみのおすすめ市販クリームの中から、「口コミで人気」で「黒ずみ改善がのぞめる」おすすめクリームをランキング形式で紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみを治す市販クリームは100個以上販売されており、その中から特に効果が期待できるクリームを選びました。

ランキングの評価基準

デリケートゾーンの黒ずみを治す市販クリームおすすめランキングでは、次の基準でランキングの順位を決めました。

配合成分の評価・効果が高いとされる美白※成分が配合されていること ・黒ずみケアに効果が期待できる保湿成分が配合されていること ・肌への刺激が少ない処方になっていること
利用者からの評価・利用者からの口コミ評価で評判が良いこと ・購入された実績は高いこと
使いやすさへの評価・購入方法が簡単であること ・続けやすい価格であること・塗り心地に問題がないこと

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

1位:イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためのクリームとして、長年に渡り変わらぬ人気を集めているのが「イビサクリーム」です。

美白※有効成分としてトラネキサム酸と独自成分であるVIOホワイトナノ3を配合し、さらに肌の炎症を抑える作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムが含まれているのがポイント。

女性誌でも何回も取り上げられている人気のケアアイテムです。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

デリケートゾーンの黒ずみの写真でビフォーアフターの変化を比較

効果メラニンの生成を抑制し、乾燥によるくすみとエイジングをケアしながら黒ずみ改善を目指す
金額・毎月1本コース(1ヶ月に1本):6,545円/本(税込)
悪い
口コミ
もうすぐ1本使い終わるのですが…あまり黒ずみが良くなったような気はしません。
良い
口コミ
ベタつくこともなくサラッとしたテクスチャなので、下着につくこともなく使いやすいです!以前より黒ずみが軽減されたと感じているので、これからも使い続けるのが楽しみですね。
形状クリーム
香り無香
使用方法・1日2回(朝・夜)
・気になる部分より1cmほど大きく塗る
・5周ほど円を描くように塗り込む
有効成分・トラネキサム酸
・グリチルリチン酸2K
・VIOホワイトナノ3
販売会社URLhttps://ibizabeauty.net/
おすすめのポイント
  • 美白※有効成分としてトラネキサム酸を配合
  • その他3種類の美白※成分・3種類の整肌成分・9種類のうるおい成分配合
  • 数々の人気女性誌で掲載された実績あり

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

2位:ハーバルラビット

ハーバルラビットも数多くの女性誌に取り上げられていて、黒ずみケア部門など10個の項目で第1位を獲得したこともあるおすすめのデリケートゾーン黒ずみ専用クリームです。スキンケア大学やテレビでも紹介されたことがあるとのこと。

ドラッグストアなどで購入できる市販のデリケートゾーン黒ずみを改善するためのクリームではありません。しかしハーバルラビットには、独自処方の美白※・うるおい成分4種が配合のため、黒ずみとダメージ、乾燥をまとめてケアできるメリットがあります。

効果4種類の美白※有効成分とうるおい成分にて、黒ずみをケアし透明感のある肌へと導く
金額・定期購入コンビニ後払い:5,225円/本(税込)
・定期購入クレジットカード払い:4,675円/本(税込)
・単品購入:7,700円/本(税込)
悪い口コミ残念ながら他の口コミで見られるような変化は感じられませんでした。使い心地は良かったのでさらに残念な気持ちです。
良い口コミもう何回目のリピートかわかりません。使い始める前よりVゾーンの黒ずみがマシになり、肌をしっとりと保湿してくれるので、なければ不安になってしまうくらい愛用しています。
形状ジェルクリーム
香り自然精油使用の野ばらの香り
使用方法・1日2回(朝・夜)
・1円玉程度のクリームを塗る
・シャワーやお風呂の後が効果的
有効成分・プラセンタ
・ビタミンC誘導体
・ビサボロール
・米ぬかエキス
販売会社URLhttps://store.bizki.jp/
おすすめのポイント
  • 種類の美白※成分とうるおい成分を配合
  • 赤ちゃんにも使えるほどの低刺激性
  • ISOマーク取得認証工場にて厳しい管理のもと製造

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

3位:イビサセラムPro

「イビサクリーム」の姉妹品ですが、こちらはクリームではなくセラムです。3つの美白※有効成分にてイビサクリーム以上の黒ずみ改善を目指します。

その分、価格はイビサクリームより高いので、市販の安いデリケートゾーンケアクリームを求めている方には向きません。

しかし含有される成分は植物エキスを中心としており、合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンと5つの添加物も含まれていないので、肌が敏感な方でも安心して使えます。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

効果3つの有効成分配合!ワンランク上のデリケートゾーンの黒ずみケアができる
金額・毎月1本集中美白コース(コンビニ後払い):10,780円/本(税込)
・毎月1本集中美白コース(クレジットカード決済):10,230円/本(税込)
・毎月2本集中美白コース:18,480/2本(税込)
・単品購入:16,280円/本(税込)
悪い口コミ1本試しに買ってみましたが、値段が高すぎて2本目のリピートは諦めました…
良い口コミ使い始めて2週間ほどで、少しずつ黒ずみの色が目立たなくなってきました!スポイト式なので使いやすいですし、肌がツルツルになるのでおすすめです。
形状美容液
香りほのかな柑橘系の香り
使用方法・1日2回(朝・夜)
・小豆大の美容液を塗る
・気になる部分より1cmほど大きく塗る
・5周ほど円を描くように塗り込む ・シャワーやお風呂の後が効果的
有効成分・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
販売会社URLhttps://ibizabeauty.net/
おすすめのポイント
  • 厚生労働省に認められた美白※有効成分を3種類配合
  • 黒ずみ予防・トーンアップに効果的な6つの植物エキス配合
  • イビサブランド総合で累計売上本数830,000本超の実績

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

4位:ビアネージュ

ビアネージュは、デリケートゾーンの黒ずみ・乾燥・くすみをケアしたい方におすすめです。

乾燥を防ぎ肌も整えることで、デリケートゾーンの黒ずみをケアします。浸透性にもこだわり、ナノ化したケア成分を角質層まで届ける独自のカプセル技術を採用しています。

パラベン・アルコール・合成香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤不使用の、お肌に優しいデリケートゾーンの黒ずみケアクリームです。

効果デリケートゾーンの黒ずみ・乾燥・くすみを優しくケア!乾燥・整肌ケアで黒ずみを改善。
金額お得な毎月お届け便コース:4,818円/本(税込)
2本セットコース:6,903円/本(税込)
3本+1本セットコース:5,060円/本(税込)
単品購入:7,018円/本(税込)
悪い口コミはじめはデリケートゾーンの黒ずみに変化がありませんでした。
良い口コミ伸びがよく軽いテクスチャーなのに、肌がしっとりする感じでした。全身にも使えるところがよきです。
形状クリーム
香りわずかな薬品の香り
使用方法・1日2回(朝・夜)
・黒ずみ部分がしっとりする程度に塗る
・2度塗りがおすすめ
・シャワーやお風呂の後が効果的
有効成分・トラネキサム酸
・グリチルレチン酸ステアリル
販売会社URLhttps://ladyenss.com/pr_bianege/
おすすめのポイント
  • 美白※・保湿・くすみケアが1本だけで完了
  • トラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルで美白※1&保湿ケア
  • 独自のナノ化カプセル技術により肌への浸透性アップ※2

※1メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ
※2角質層まで

5位:ホスピピュアVIO

脱毛施術の現場から誕生したという、デリケートゾーンの黒ずみを改善するためのクリーム。バストトップの黒ずみケアアイテムとして評判を得た「ホスピピュア」を、VIO専用アイテムとして改良しました。

美白※有効成分はしっかりと含まれていますが、美白※だけでなく保湿も行い、肌の状態を整えながら黒ずみをケア。さらに使い続ければ乾燥を防いで黒ずみが発生しにくい肌へと導いてくれます。

効果美白※と保湿のWアプローチにてサロンクオリティの美白※ケアがのぞめる
金額・毎月1本集中ケアコース:2,178円(税込)
・単品購入:6,050円(税込)
悪い口コミテクスチャーがしっかりとしているクリームなので塗りやすく、デリケートゾーンと顔に使っていますが、まだ変化は見られません
良い口コミ友人から勧められて半信半疑で使っていましたが、使い続けていると少しずつ黒ずみに変化があった!長年の悩みがなくなったのでリピート確定です!
形状クリーム
香り無香
使用方法・1日2回(朝・夜)
・2~3プッシュ程度を黒ずみに塗る
・指で全体にしっかりとなじませる
・シャワーやお風呂の後が効果的
有効成分・トラネキサム酸
販売会社
URL
https://www.hospipurevio.jp/
おすすめのポイント
  • 美白※1×徹底保湿×浸透※2でデリケートゾーンの黒ずみをケア
  • 肌を柔らかくする・うるおわせる成分配合で美肌へとみちびく
  • 定期コース継続の購入回数条件なし

※1メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ
※2角質層まで

効果の評価が高いデリケートゾーンの黒ずみクリーム3選

デリケートゾーンの黒ずみを治す市販クリーム47個の中から、効果の評価が高い市販のクリーム3個を紹介します。自宅でデリケートゾーンの黒ずみを本格的にケアしたい人ひどい黒ずみが治らないと悩んでいる人は、こちらのランキングをぜひご確認ください。

1位:イビサセラムPro

イビサセラムProは、ワンランク上のデリケートゾーンの黒ずみケアのためにつくられた美容液です。国によって効果・効能が認められた、美白※有効成分・2種と抗炎症1種が配合されています。保湿効果がのぞめる植物エキスも6種配合で、うるおいとハリのある肌を目指すことができます。

効果美白※・抗炎症の有効成分3種配合!多角的に黒ずみケア
有効成分・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・グリチルリチン酸2K
金額・毎月1本集中美白コース(コンビニ後払い):10,780円/本(税込)
・毎月1本集中美白コース(クレジットカード決済):10,230円/本(税込)
・毎月2本集中美白コース:18,480/2本(税込)
・単品購入:16,280円/本(税込)
悪い口コミヒリヒリしないし肌がやわらかくなったけど、1万円は値段が高い…
良い口コミ黒ずみに変化があり、乾燥もマシになりました!とろみがある美容液なので液だれしにくく塗りやすいです。肌なじみもいいと思います。
形状美容液
香りほのかな柑橘系の香り
使用方法・1日2回(朝・夜)
・小豆大の美容液を塗る
・気になる部分より1cmほど大きく塗る
・5周ほど円を描くように塗り込む ・シャワーやお風呂の後が効果的
販売会社URLhttps://ibizabeauty.net/

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

プチプラで値段が安いデリケートゾーンの黒ずみクリーム3選

市販のデリケートゾーンの黒ずみを治すクリーム47個のなかでも、プチプラで安いクリームを紹介します。

ただ安いだけのクリームだと、ケア期間が長くなったり、すぐに使い切ってしまったりなどで、トータルコストがかかることもあります。そこで安さ・効果・クリームの伸びを確認し、プチプラでコスパのいいと感じるデリケートゾーンの黒ずみクリームを3個選びました。

お得な購入方法や特典も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:ホワイトエッセンスforデリケートスキン

ホワイトエッセンスforデリケートスキンは、通常価格が3,600円(税込3,960円)と他のデリケートゾーンの黒ずみクリームより値段が安いです。ただ5,000円(税込5,500円)以上買わないと送料無料にならない返金保証がないなどと特典は少なめです。

金額3,960円(税込)
1日あたりの金額128円
1回あたりの金額64円
1mLあたりの金額132円

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

アットコスメの口コミ・人気のデリケートゾーンの黒ずみクリーム3選

アットコスメで口コミ・人気の高いデリケートゾーンの黒ずみクリーム3個を紹介します。アットコスメでの口コミ・人気の調査方法は以下のとおりです。

  • 1.アットコスメで「デリケートゾーン 黒ずみ クリーム」と検索する。
  • 2.商品の並び順を「ポイント※1」に変える。
  • 3.ポイントが高いデリケートゾーンの黒ずみクリーム3個を選ぶ※2。

実際にデリケートゾーンの黒ずみクリームを使った人の口コミを見てから買いたい人や、口コミ・人気のクリームがほしい人は、こちらのランキングをご確認ください。

※1.ポイントとは、アットコスメでの2年間の口コミ件数とおすすめ度(星の数)をベースに、アットコスメ独自の集計法とメンバーからの信頼度により算出されるものです。
※2.除毛剤などのデリケートゾーンの黒ずみクリーム以外の商品はのぞく。

1位:アンティームオーガニック ホワイトクリーム

アンティームオーガニック ホワイトクリームは、アットコスメのポイントが4.5ptあり、市販のデリケートゾーンの黒ずみクリームでは最高点でした。「香りに癒される」「レモンのような爽やかなにおい」と人気です。無香タイプは0.9ptと低評価ですが、「無香の方が使いやすい」と口コミ・評判がよかったです。

悪い口コミたくさん塗るとムレるので、使用量に注意です。  
・保湿効果は感じたけど、ホワイトニング※効果はまだみたいです
良い口コミ・脱毛後に塗ると、肌の調子がよくなるのでリピしています!  
・色んなクリームを試したけどコスパ的にはこれが1番です。  
ハーブ系の香りにリラックスします。

薬局やドラッグストア(マツキヨ、ツルハ)の陰部の黒ずみクリーム3選

薬局やドラッグストアで市販の陰部の黒ずみクリーム3個を紹介します。以下の薬局やドラッグストアで、陰部の黒ずみを治すクリームの販売状況を調べた結果もまとめます。

  • ウエルシア
  • ツルハ
  • サンドラッグ
  • マツキヨ
  • ココカラファイン

近所の薬局やドラッグストアで気軽にクリームを買いたい人や、店員さんに陰部の黒ずみクリームを買っているところを見られても平気な人は、ぜひこちらのランキングをご確認ください。

1位:ホワイトパーツセラム

ホワイトパーツセラムは、マツキヨとココカラファインで市販のデリケートゾーンの黒ずみクリームです。美白※有効成分配合の医薬部外品で、さらにナノ化セラミド配合のため保湿効果も期待できます。30gと少量ですが1個1,300円(税込1,430円)と値段が安いため、お試ししやすいです。

買えるお店・マツキヨ (https://www.matsukiyo.co.jp/store/online/p/4573492152145)
・ココカラファイン (https://www.cocokarafine.co.jp/f/dsg_4573492152145)

ドンキで買えるデリケートゾーンの黒ずみケアクリーム3選

ドンキで買えるデリケートゾーンの黒ずみケアクリーム3個を紹介します。ドンキで市販されているデリケートゾーンの黒ずみクリームは、医薬部外品ではなく化粧品の保湿クリームが多いため、乾燥やダメージが気になっている人におすすめします。

1位:バージンホワイトセラム

バージンホワイトセラムは、ドンキで市販されているプチプラのデリケートゾーンの黒ずみケアクリームです。美白※有効成分は配合されていませんが、肌荒れケア成分が配合されているため、ダメージを減らすことでのデリケートゾーンの黒ずみ予防がのぞめます。

※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

ロフトで買えるデリケートゾーンの黒ずみホワイトニングクリーム3選

ロフトで買えるデリケートゾーンの黒ずみを治すホワイトニング※クリームよりおすすめ3個を紹介します。ロフトのデリケートゾーンの黒ずみホワイトニング※クリームは、オーガニック成分や自然由来成分を配合したものや、洗練されたパッケージのものが目立ちます。

自然派コスメが好きな人やお洒落なデザインが好きな人は、ぜひこちらのランキングを確認してみてください。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

1位:ナチュラル フェミニンミルク ローズゼラニウム

ナチュラル フェミニンミルク ローズゼラニウムは、ロフトで市販されている天然由来成分100%のデリケートゾーンの黒ずみクリームです。オーガニック成分9種配合で、天然由来の香料が使われています。繊細なデリケートゾーンをやさしく保湿ケアします。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームランキング1位はイビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみケアクリーム47個のうち、総合おすすめ1位に輝いたのはイビサクリームです。イビサクリームのおすすめポイントは以下のとおりです。

  • 厚生労働省が効果を認めた美白※有効成分トラネキサム酸を配合!
  • 抗炎症成分・保湿成分・サポート成分も配合なので多角的に黒ずみケアできる
  • VIOに負担をかける添加物4種がフリー!赤ちゃんに塗れるほどやさしい
  • ベタつきゼロのサラサラテクスチャー!無香なのでTPOを選ばず使える
  • お洒落なデザインでデリケートゾーンの黒ずみケアクリームに見えない
  • 公式サイトの定期コースは初回以降もずっと30%OFF送料無料2回目から解約OK

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームは商品数が多くて、どれを買えばいいかわからないと悩んでいる人は、ぜひイビサクリームからはじめてみてください。イビサクリームなら28日間の返金保証もついているので、気がねなくお試しすることができます。

イビサクリームの期待できる効果や口コミについて、もっと詳しく知りたい人は「イビサクリームの公式サイト」をお読みください。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

イビサクリームを60日間使ったビフォーアフターはこちら

市販のデリケートゾーンの黒ずみケアクリーム47個を比較

スクロールできます
順位商品名公式サイト特徴金額(税込)内容量おもな成分無添加成分形状香り使用感返金保証定期の最低
継続回数
1位
イビサクリーム公式サイトはこちらブランド累計
販売数100万本突破
通常:7,000円(税込7,700円)
定期(2本おまとめ集中ケアコース):9,800円(税込10,780円)
定期(1本お届け集中ケアコース):5,950円(税込6,545円)
35gトラネキサム酸(美白※有効)
党参抽出物加水分解液(ケアサポート)
カモミラエキス(ケアサポート)
アルピニアカツマダイ種子エキス(ケアサポート)
グリチルリチン酸2K(抗炎症)
合成香料
着色料
エタノール
タール色素
パラベン
紫外線吸収剤
クリーム無香しっとりしていて
ベタつかない
あり
商品注文後、
28日以内に連絡
なし
2位
ハーバルラビット公式サイトはこちら美白・うるおい成分を
4種類配合し10冠達成
通常:7,000円(税込7,700円)
定期(コンビニ後払い):4,750円(税込5,225円)
定期(クレジットカード払い):4,250円(税込4,675円)※初回限定
35g水溶性プラセンタエキス(美白※有効)
ビタミンC誘導体(美白※)
米ぬかエキス(美白※)
ビサボロール(美白※)
グリチルリチン酸2K(抗炎症)
石油系界面活性剤
着色料
エタノール
紫外線吸収剤
ジェルクリーム野ばらの香り野ばらの香りで癒されるあり
60日以内に連絡
あり、3回
3位
イビサセラムPro公式サイトはこちら口コミ件数日本No.1の
脱毛サロンが開発
通常:14,800円(税込16,280円)
定期(コンビニ後払い):9,800円(税込10,780円)
定期(クレジットカード決済):9,300円(税込10,230円)
30mlビタミンC誘導体(美白※有効)
アルブチン(美白※有効)
グリチルリチン酸2K(抗炎症)
オウバクエキス(ケアサポート)
マロニエエキス(ケアサポート)
合成香料
着色料
鉱物油
アルコール
パラベン
美容液柑橘系の香りサラサラしているあり
商品注文後、
28日以内に連絡
あり、2回
4位
ビアネージュ公式サイトはこちら1本3役を果たす顧客
満足度96.7%のクリーム
通常(単品購入):6,380円(税込7,018円)
定期(毎月お届け便):4,380円(税込4,818円)
2本セット:12,550円(税込13,805円)
3本+1本セット:18,400円(税込20,240円)
20gトラネキサム酸(美白※有効)
グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症)
アルピニアホワイト(ケアサポート)
党参エキス(ケアサポート)
ウメ果実エキス(ケアサポート)
パラベン
アルコール
合成香料
合成着色料
鉱物油
紫外線吸収剤
クリーム薬品の香り伸び・肌なじみが良いあり
商品使用から20日以降、
注文後60日以内に連絡
なし
5位
ホスピピュアVIO公式サイトはこちら脱毛施術現場の声から
生まれたくすみケアクリーム
通常:5,500円(税込6,050円)
定期:1,980円(税込2,178円)※初回限定
30gトラネキサム酸(美白※有効)
植物性スクアラン(保湿)
シアバター(保湿)
トウキエキス(ケアサポート)
タイムエキス(ケアサポート)
パラベン
香料
着色剤
アルコール
シリコン
クリーム無香サラサラしているあり
商品受け取り後、
14日以内に連絡
なし
商品を比較
スクロールできます
順位商品名公式サイト特徴金額(税込)内容量おもな成分無添加成分形状香り使用感返金保証定期の最低
継続回数
6位
ピュアピンキー
クリーム
公式サイトはこちら美容のプロが認める
専門医が作ったクリーム
通常:2,980円(税込3,278円)
3本セット:7,022円(税込7,724円)
5本セット:10,972円(税込12,069円)
7+1本セット:14,222円(税込15,645円)
80gトラネキサム酸(美白※有効)
グリチルリチン酸2K(抗炎症)
オウゴンエキス(ケアサポート)
カモミラエキス(ケアサポート)
サクラ葉抽出液(ケアサポート)
パラベン
アルコール
合成香料
合成着色料
鉱物油
紫外線吸収剤
クリーム無香サラッとしているなしなし
7位
ホワイトエッセンス
forデリケートスキン
公式サイトはこちらミュゼプラチナムが
開発したくすみケアアイテム
通常:3,600円(税込3,960円)30mlアルブチン(美白※有効)
L-アスコルビン酸2-グルコシド(美白※有効)
ヒメフウロエキス(ケアサポート)
アーティチョークエキス(ケアサポート)
ユズセラミド(ケアサポート)
パラベン
エタノール
シリコン
鉱物油
石油系界面活性剤
合成着色料
合成香料
クリーム無香なじみやすくベタつかないなしなし
8位
ホスピピュア公式サイトはこちらエアレスポンプで
ずっと清潔なまま使える
通常:6,300円(税込6,930円)
定期:1,980円(税込2,178円)※初回限定
30gトラネキサム酸(美白※有効)
グリチルレチン酸ステアリル(抗炎症)
アルブチン(ケアサポート)
プラセンタ(ケアサポート)
ビタミンC誘導体(ケアサポート)
パラベン
エタノール
合成香料
合成着色料
クリーム無香しっとりとうるおうあり
商品受け取り後、
14日以内に連絡
なし
9位
アットベリー公式サイトはこちら5冠達成の黒ずみ
×
ニオイケアクリーム
通常:5,909円(税込6,500円)
定期:2,709円(税込2,980円)※初回限定
60gプラセンタ(美白※有効)
甘草フラボノイド(ケアサポート)
トウキエキス(ケアサポート)
エイジツエキス(ケアサポート)
グリチルリチン酸2K(抗炎症)
着色料
シリコン
石油系界面活性剤
紫外線吸収剤
鉱物油
アルコール
パラベン
クリームバラの香りベタつかずみずみずしいなしあり、2回
10位
ヴィナピエラ公式サイトはこちら美容成分97.8%配合で
ふんわりくすみのない肌に
通常:8,270円(税込9,097円)
定期:630円(税込693円)※初回限定
30gトラネキサム酸(美白※有効)
天然ビタミンE(ケアサポート)
植物性スクワラン(ケアサポート)
天然アミノ酸(ケアサポート)
シアバター(ケアサポート)
パラベン
合成着色料
アルコール
シリコン
香料
紫外線吸収剤
ジェルクリーム柑橘系の香りサラッとしているあり
4回目商品発送予定日の
10日前までに連絡
あり、4回
商品を比較

デリケートゾーンの黒ずみクリームの選び方

デリケートゾーンの黒ずみを治すクリームはたくさんの種類が販売されているため、どれを選べば良いのかと迷ってしまう方も多いものです。そこでデリケートゾーンの黒ずみケアクリームを選ぶときの、ポイントについて解説していきます。

これからケアを始めたいと考えている方は、ご自身にあった製品選びの参考としてご覧ください。

選び方1:美白有効成分・保湿成分・肌荒れサポート成分が配合されていること

デリケートゾーンの黒ずみをケアするためのクリームなので、まずは黒ずみに対して効率的にアプローチできるかどうかを判断するのが基本です。

美白※有効成分・保湿成分・肌荒れサポート成分のすべてが配合されている製品を選んでください。美白※成分がメラニン色素に働きかけ、保湿成分が肌の機能を向上させ、肌荒れサポート成分で現状の肌の状態を改善していければきっと健やかな肌になれます。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームを選ぶ際には、美白※有効成分だけでなく、保湿や肌荒れに効果的な成分が配合されていることもチェックしましょう。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

選び方2:肌への刺激が少ない製品であること

次に確認したいことは、肌への刺激が少ない製品であることです。デリケートゾーンという皮膚の薄い、デリケートな部分に使うものですから、なるべく刺激の強い成分が配合されていない製品を選ぶと安全性が高まります。

香料や着色料、保存料などは使い心地をよくするものですが、肌にとっては刺激となりがちです。添加物の少ないデリケートゾーンの黒ずみケアクリームであれば、粘膜近くの弱い部分に塗るものとして安心感があります。

デリケートゾーンの黒ずみケアでは効果を優先してしまう方もいるかもしれませんが、配合成分を確認する際には、同時に肌の刺激となる成分が配合されていないことも確認してください。

選び方3:無理なく続けられる価格であること

肌に優しく効果的な成分が配合されていたとしても、金銭的な負担があれば続けられません。デリケートゾーンの黒ずみケアでは続けることが大切なので、無理なく続けられる価格帯であることも商品選びのひとつのポイントです。

デリケートゾーンの黒ずみケア用クリームでは、価格の相場が4,500円ほどと言われています。平均相場を意識しながら、ご自身にとって無理なく続けていける価格帯の商品を選びましょう。

選び方4:使いやすいクリームであること

デリケートゾーン黒ずみケアクリームの選び方の4つ目は、使いやすいクリームであることです。使いやすいという基準は人によって異なりますが、衣服や下着につかないこと、肌へのなじみが良いこと、クリームを出しやすいことなどがあげられます。

クリームを手にとるときに、取り出しにくければ毎日のストレスになってしまいます。外出の多い方であれば、化粧ポーチにおさまる大きさの方が好ましいと思うはずです。

ご自身のライフスタイルの中で、どのようなクリームが使いやすいか考えてみてください。使い勝手の良いクリームであれば続けやすくなるため、デリケートゾーンの黒ずみケア効果も高まります。

選び方5:テクスチャー・香りが好みのものであること

テクスチャ―や香りが好みのものであることを確認して購入を判断しましょう。

たとえばデリケートゾーン黒ずみケアクリームの中には、バラのようなフローラルな香りがするものもありますが、一方で無香性のものも少なくありません。また伸びが良くてしっとりとしたもの、サラッとしたジェルタイプのものと形状もさまざまです。

どれが良いかは個々人の好みによるので、好みのテクスチャ―・香りのものを選ぶと、デリケートゾーンの黒ずみケアへのストレスが少なくなります

デリケートゾーンの黒ずみクリームの塗り方4STEP|基本のケアを紹介

ご自身にとってベストなデリケートゾーン黒ずみケアクリームを見つけたら、より効果的な塗り方について学んで、より効率的に使っていくことが大切です。

VIOの黒ずみケアクリームにはさまざまなものがありますが、いずれも基本的な塗り方はほとんど変わりません。それでは基本の塗り方について4つのステップで紹介します。

  • STEP1:お風呂・シャワーで肌をきれいにする
  • STEP2:適量のクリームを手のひらに出す
  • STEP3:黒ずみが気になる部分に円を描くように優しく塗り込む
  • STEP4:手のひらで押さえてなじませる

VIOの黒ずみケアクリームを使う前に、まずは肌をきれいにすることが大切です。お風呂からあがったら製品ごとの規定の量を手のひらに出し、VIOの黒ずみが目立つ部分に優しく塗っていきましょう。

塗るときは肌をこすらないようにして、優しく塗るのがポイントです。小さく円を描くように、くるくると塗ってください。

そして最後にクリームを塗ったところを手のひらで押さえて、体温でクリームを浸透させるようにすればさらに効果的でしょう。VIOの黒ずみ用クリームを使う際には、以上の4ステップを基本の塗り方として覚えておいてください。

デリケートゾーンの黒ずみクリームのパッチテストのやり方

デリケートゾーンは肌が薄く敏感な部分なので、あらかじめパッチテストを行っておくと安心して使えます。パッチテストは簡単なので、特に肌の弱い方はぜひ試してみてください。

  • STEP1:二の腕内側もしくはひじ裏をきれいな状態にする
  • STEP2:デリケートゾーン黒ずみケアクリームを8mm粒くらいとる
  • STEP3:きれいにした後の二の腕かひじの裏にクリームを塗る
  • STEP4:48時間そのままにする
  • STEP5:48時間後に赤みやかゆみがないか確認する

パッチテストは皮膚の薄いところにクリームを塗り、そのまま48時間放置し、その後の様子を見るだけなのでとても簡単です。

もし赤みやかゆみがあるようになら、肌への刺激が強いと考えられます。何の反応もないようなら、そのままデリケートゾーンの黒ずみケアに使っても問題ないはずです。肌が弱い方は特に、パッチテストを行うなど慎重な対応が求められ

デリケートゾーンの黒ずみの予防|日々の習慣で悪化を防ぐ

デリケートゾーンの黒ずみは、改善させたら終わりではありません。デリケートゾーンが黒くなった日々の習慣を改善することも大事です。

黒ずむ習慣がなくなれば、それ以上デリケートゾーンの黒ずみが悪化することなく、理想のあそこを維持できるからです。

予防1:締め付けの強い下着・衣服は避けること

デリケートゾーンの黒ずみが起こる大きな原因は、下着や衣服による締め付けです。締め付けず摩擦が起こりにくい状態を保てれば、デリケートゾーンが黒ずみを予防できます。

スキニージーンズやタイトな下着などは避け、コットン100%の肌に優しいものを身につけることを推奨します。

予防2:肌を乾燥させないようにすること

デリケートゾーンの黒ずみが起こる原因は、摩擦だけではありません。肌が乾燥しているとターンオーバーが早くなりすぎて、バリア機能や保湿機能が低下する影響で肌が物理的刺激に負けやすくなり、黒ずみが作られやすい状態となります

そのためデリケートゾーン部分の肌を乾燥させないように、クリームなどで保湿することも大切です。保湿をしっかりとすれば、肌の状態が正常になりメラニン色素が作られにくくなります。

デリケートゾーンの黒ずみケアをしたいなら、特に過剰に洗わないことと、ムダ毛処理の後にしっかりと保湿をすることの2点が重要です。

ゴシゴシとこするようにデリケートゾーンを洗うと、肌に刺激を与えるとともに乾燥しやすくなります。またムダ毛処理も同様です。もしデリケートゾーンの肌に刺激を与えるなら、その後、クリームなどでしっかりと保湿をすることが欠かせません。

予防3:ムレや刺激から肌を守ること

女性は男性とは違い、タイトな下着をつけたり生理用品を使ったりすることから、デリケートゾーン周辺にムレや刺激が生じることが多いものです。ムレや刺激は肌への負担となるので、できるだけ通気性が良く快適な状態を保つことも心がけましょう。

ゆったりとした下着を選ぶことは、ムレや刺激から肌を守るだけでなく、摩擦も起こりにくくなるため黒ずみ予防となります。生理用品は肌への刺激が少なく、自分にあったものを選ぶことでムレを防げます。

予防4:デスクワークではクッションを使うこと

黒ずみ予防で意外な盲点となるのが、デスクワークにて起こるデリケートゾーンへの圧迫です。ずっと椅子に座ったままでいると、姿勢を変えるたびに椅子とデリケートゾーンとの間で摩擦が起こり黒ずみができやすくなり、改善させるのが難しくなってしまいます。

デスクワークなどで長時間にわたり椅子に座る場合は、柔らかなクッション5:デリケートゾーンの黒ずみクリームは敏感肌でも使えますか?

予防5:黒ずみケアアイテムを日頃から使うこと

デリケートゾーンの黒ずみケア用のクリームや石鹸などのアイテムは、黒ずみが良くなるとつい使うのを忘れがちではないでしょうか。しかしクリームなどの黒ずみケアアイテムは、デリケートゾーンの黒ずみ予防にもつながるのです

黒ずみがなくなったからと言って使うのを止めると、再発しかねません。日頃から美白※・保湿力の高いデリケートゾーン専用のクリームを使うことは、黒ずみの予防にも役立ちます。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

デリケートゾーン黒ずみのQ&A

デリケートゾーンの黒ずみに関するよくある質問について、Q&A方式でお答えします。周囲の人には聞きにくいことを中心に解説していきますので、ぜひ参考にしながらケアに取り組んでいきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治る?

デリケートゾーンの黒ずみ改善にかかる期間は、方法により大きく変わります。

黒ずみのケア方法はさまざまです。デリケートゾーン黒ずみケアのクリームを使う方法、価格の安いプチプラ市販品を使う方法、美容皮膚科で外用薬やレーザーを受ける方法など…。

女性903を対象としたデリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るかの調査をおこなったので、そちらの結果を元に解説します。

黒ずみが治るまでの期間は、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームが3.9ヶ月程度、デリケートゾーン用の石鹸は11.3ヶ月程度、ニベアは19.2ヶ月程度という結果が出ました。対して美容皮膚科のレーザー治療は、2.7ヶ月程度と黒ずみケアクリームより1.2ヶ月早かったです。

期間は個々の黒ずみの状態や肌質によっても変わります。

※参照:デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るかアンケート調査

デリケートゾーンの黒ずみを治すにはどうすればいい?

デリケートゾーンの黒ずみを改善したい場合は、美白※有効成分が配合された専用のクリームを毎日塗るか、美容皮膚科を受診する方法がおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみケア方法は、大きくわけてセルフケアか医療機関を受診の2種類です。

美容皮膚科を受診する方法は医師に診察してもらえる安心感があり、医療的な方法でケアしていけるメリットがあります。しかし見られることの恥ずかしさや、高額な費用がかかることの問題もあります。

誰にも知られず手軽に、価格の安い方法でケアしていきたいと思われるなら、市販のデリケートゾーン黒ずみ専用クリームを使う方が良いです。

詳しくは、このページの「デリケートゾーンの黒ずみを治すケア方法」の見出しで説明しています。
※メラニン生成を抑制し、シミそばかすを防ぐ

陰部はなぜ黒くなる?

他の部位に比べて陰部が黒くなりやすいのは、次のような理由が考えられます。

  • 皮膚が薄く敏感な部位なので他の部位より刺激による負担が大きいから
  • 脚の動きにより下着や衣類との摩擦を受けやすいから
  • 下着による締め付けを受けやすいから
  • 下着や生理用品が密着することでムレやすいから
  • スキンケアをされることが少ないから
  • ホルモンバランスの変化によりメラニンが生成されやすいから

「他のところは黒くないのに…」と思われるかもしれませんが、陰部は皮膚が薄いにもかかわらず、さまざまな刺激を受けやすい部位であることが黒ずみの原因となります。

詳しくは、このページの「デリケートゾーンの黒ずみの原因とは?」の見出しで説明しています。

デリケートゾーンのひだの黒ずみはなぜ起こる?

デリケートゾーンのひだの黒ずみの原因は、おもに摩擦とホルモンバランスによるメラニンの増加です。

ひだは以下の理由より、とくに黒ずみやすい部位です。

・粘膜部で外部刺激を受けやすいため

・ひだが大きい人は下着と擦れやすいため

デリケートゾーンのひだは粘膜であり、皮ふのように多層構造ではないため、摩擦刺激を受けやすいのです。また先天的・ダイエット・痩せ・加齢などでひだがたるんでいたり、肥大していたりすると、下着と摩れやすくなります

デリケートゾーンってどれくらい黒い?

日本人女性のデリケートゾーンの黒ずみの平均は「赤黒い」くらいです。

「デリケートゾーンは肌色をしているのが普通」と思われている方もいらっしゃるかもしれません。しかし日本人女性の場合、平均的に「赤黒い色」をしていると言われます。

第二次性徴までは全身の色と同じ肌色をしていることが多いですが、第二次性徴以降はホルモンの影響で少しずつ赤黒い色へと変化していきます。そして年齢を重ねるにつれ、黒さが増していく傾向です。

デリケートゾーンの黒ずみクリームは敏感肌でも使えますか?

敏感肌の方でも使えますが、製品ごとの刺激性を確認した上で使ってください。

デリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームは、ほとんどの場合、皮膚への刺激性を排除するため低刺激性にこだわっています。敏感肌の方でも、デリケートゾーンの黒ずみケアクリームは問題なく使えたという方は少なくありません。

しかし添加物や成分の配合はメーカーにより違うので、敏感肌の方は製品ごとの刺激性を確認してから使ってください。できるだけ肌への刺激性が低い製品を選んでください。

デリケートゾーンの黒ずみクリームはどこまで塗っていい?

市販のデリケートゾーンの黒ずみクリームは、鼠経部・恥丘・大陰唇・肛門まわりに塗ってよいです。

ひだになっている小陰唇・クリトリス・尿道・膣口などの粘膜は成分の吸収がよく影響も受けやすいため、デリケートゾーンの黒ずみクリームを塗らない方がよいです。

ただメーカーが小陰唇への使用を許可しているデリケートゾーンの黒ずみクリームもあります。製品ごことに使える部位を確認して塗ることをおすすめします。

デリケートゾーンの黒ずみ・臭い・かゆみを治すにはどうすればいい?

デリケートゾーンの黒ずみケアには市販の黒ずみケアクリーム、臭いケアにはデリケートゾーン用の石鹸、かゆみケアには陰部専用の医薬品がおすすめです。

ただデリケートゾーンの黒ずみ・臭い・かゆみを治す方法はいくつかあるため、セルフケアと病院治療にわけて、おすすめの治す方法を以下の表にまとめます

 セルフケア病院の治療
黒ずみ市販の黒ずみケアクリーム
ハイドロキノン
飲み薬
ハイドロキノン
皮膚科のレーザー治療
病院・美容外科での手術
臭いデリケートゾーン用の石鹸
・デオドラント、制汗剤
重曹
・ボトックス
皮膚科のレーザー治療
病院・美容外科での手術
かゆみデリケートゾーン用の石鹸
陰部専用の医薬品
ヒルドイド
陰部専用の医薬品
ヒルドイド
飲み薬
男のデリケートゾーンの黒ずみケアはどうすればいい?

男性のデリケートゾーンの黒ずみケアは女性と同じで、市販の黒ずみケアクリームやデリケートゾーン用の石鹸などで改善を目指せます。

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法の詳細は、当ページ「デリケートゾーンの黒ずみの11個の治し方|効果・副作用・費用を紹介」の見出しをお読みください。

ただデリケートゾーンの黒ずみ治療がある病院は女性専用のところが多いため、男性も対応しているか、あらかじめ電話またはホームページで確認しておくとよいです。

高校生でもできるデリケートゾーンの黒ずみケア方法は?

高校生におすすめのデリケートゾーンの黒ずみを治す方法は、市販の黒ずみケアクリームとデリケートゾーン用の石鹸です。

高校生に市販の黒ずみケアクリームとデリケートゾーン用の石鹸がおすすめの理由は、以下のとおりです。

  • 副作用や痛みのリスクが低い
  • 病院の黒ずみ治療より値段が安い

高校生はホルモンバランスが不安定で、肌がやわらかく外部刺激も受けやすいため、肌にやさしいデリケートゾーンの黒ずみケアがおすすめです。デリケートゾーンの黒ずみケア商品は、以下の点に気をつけて使ってください。

  • パッチテストをしてから使う
  • メーカー推奨の使用法を守る

また高校生の場合、デリケートゾーンの黒ずみケア商品をお小づかいで買えない場合もあります。どうしてもデリケートゾーンの黒ずみケア商品が欲しいときは、親に相談する、あるいは自分で働けるようになってから買うとよいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる